スチレンボードの特徴と取り扱いについて

スチレンボードは発泡樹脂の一種であるポリスチレンフォームを板状に加工した物を指します。梱包材などに使用される発泡スチロールと同じ材質なので、軽量で加工がしやすい特徴があります。また、水に浮き、燃えやすいことから取り扱いは慎重に行う必要があります。スチレンボードは市販のカッターナイフやはさみで簡単に裁断出来るため、子供の工作や手作り看板の材料に適しています。安価で購入出来るため、費用を低く抑えて広告看板を作ることが可能です。その一方でスチレンボードは水を弾く性質がある他、石油系の塗料はスチレンボードを溶解させてしまうので色を塗る際は注意する必要があります。

ボードの加工を適切に行うための工夫

スチレンボードは裁断や接着が容易で安価で購入出来ることから看板やPOP広告の材料として使うことが出来ます。工夫次第で他には無いオリジナルデザインの広告看板を作ることが出来る利点がありますが、その一方で耐久性が低いので屋外では使用が難しい点を注意します。また、外圧を受けると破損することもあるので設置後の安全管理にも気を配ることが大切です。また、強い日差しを長時間受けると変色やひび割れなどの劣化が生じるので、屋内で使用する際も直射日光が当たらないように注意します。ボードを加工する際は厚さや重量を考慮して丁度良いサイズに切り分けることを心がけます。収縮や変形などの不具合が殆ど生じないので、わずかなすき間も出来ないようにサイズ調整には細心の注意を払うのが綺麗に仕上げる条件です。

スチレンボードは発泡スチロール製や難燃性など種類が豊富なため、利用用途によって適切なものが選べます。