どうしてネームタグをつけるの?

衣服に着いているネームタグ、メーカーの名前が入っている物が普通ですが、何のために着いているかご存じですか?実はメーカー、ブランド、デザイナーの製造責任を表す物なんです。ひとくちにネームタグと言っても素材や制作方法がいくつかあるので紹介します。

どんな種類のネームタグがある?

一般的には生地に印刷して作成するプリントネームと、生地を織って作成する織りネームがあります。プリントネームの場合は生地に印刷できればいいので、生地も色々な生地を選択することができます。ポリエステル、コットン、アセテートなど沢山の生地を使えるので、好みに合わせて作成することができます。ポリエステルは印刷がきれいにできて、しわになりにくく、汚れにくいのが特徴です。コットンは自然素材で優しい肌触りが特徴です。アセテートは印刷がきれいにできて、小さい文字もはっきり印刷できるのが特徴です。使用目的に合わせて生地を選ぶことができます。織りネームは縦糸と横糸で作成しますので高級感が出せるのが特徴です。織物独特の厚みがあり、手触り感もあります。ただし、摩擦に弱いことや、小さい文字が潰れてしまったりなど注意する点がいくつかありますので使用目的に合っていることを確認したほうがよさそうです。商品にこだわりがあったり、手間をかけて作成していることを強調したい場合に使用されることが多いようです。いかがですか、ネームタグと言ってもいろいろな物があるとお判り頂けたと思います。

旅行に行く時など、荷物を探す上で便利なのがネームタグ。名前だけでなく、住所、電話番号が書ける欄もあるため、もしどこかに荷物をなくしても安心です。