CADとはいったい何なのか?

まずCADとは何かというと、computer-aided designの略でコンピューターを使って設計をすること、あるいはコンピューターによる設計支援ツールのことです。

CADの種類にはどんなのがあるのか?

CADには分野によって幾つかの種類がありますが、ここでは主だったものを紹介します。

まずは機械用CADです。これは色々な機械を設計するもので主に3次元的に表示・操作されます。一般的にいう3DCADというものですね。

次にこれもよく利用されている建設用CAD。こちらは平面的な2DCADと3DCADに分かれます。

他にも服飾デザイン用CADなど色々な職業に応じたCADがあります。

CADソフトの導入方法

ひとくちにCADといっても職業によって導入するソフトの種類も違うので、ここでは建設用CADを例に取って述べます。

建設用CADは多くの人に使われているということもあって優秀な無料ソフトも存在します。また有料ソフトは高価なものですが、体験版があるのでお試ししてから導入するといいでしょう。そのどちらにもプラグインやAdd-inなどで機能を拡張することができるので予め調べておくのがいいです。

CAD導入の利点とは

CADを導入することによる利点は、作業自体が簡単かつ正確に行えるということです。またコンピューターがあれば書いた製図の受け渡し、図面の再利用がコンピューター間でできるということです。

これらの利点によりCADは多くの職業で利用されています。CADを使うことで格段に仕事の効率もよくなり能率も上がるようになっています。

電気設計に特化した電気CADは、設計のみならず機器配置シミュの機能も有し、様々な産業用途で活用可能です。近年では、自動車製造分野等でも欠かせない役割を担っています。