バナースタンドの特徴と使用時の注意点

バナースタンドは据え置き型の看板の一種です。従来の看板と異なり、布状の広告媒体を細いフレームで張って支える形状になっています。そのため、軽量で扱いやすく、収納時は小さく折り畳むことが出来るのがメリットです。また、広告が印刷された布地の交換が容易なので様々な宣伝活動に使い回しが出来るのもバナースタンドが広く普及している要因の一つです。支柱の長さを変えることで布地のサイズに適した形状に調整が出来るのもバナースタンド特有の利点ですが、その一方で風などの外圧に弱いことから使用時はしっかりと固定する必要があります。また、照明などのオプション設備を取り付けると重さが加わり、持ち運びが困難になりやすい点も考慮して慎重に判断することが大切です。

バナースタンドを効果的に使う工夫について

バナースタンドは支柱の長さを変えることで様々なサイズの広告を掲示出来るのが大きな利点なので、使用時は利点を十分に活かすことを心がけます。強風などでスタンドが倒れる心配が無い場所では遠くからでも目立つように大きな布地を張ることが出来ます。また、バナースタンドは通常の広告看板よりも軽いので宙吊りにして使うことも可能です。そのため、横断幕やのぼりの代用品として高い宣伝効果を得ることが出来ます。照明やスピーカーを併設することでより人目を惹きやすい看板にすることが出来ますが、持ち運びが難しいので同じ場所に長く置き続ける使用方法に適しています。屋外でバナースタンドを使う際は倒れないように固定する他、雨水で濡れても傷まない防水性の布地を使うのが宣伝効果を損なわないための工夫です。

バナースタンドは、表示面が大きいのが特徴の看板で、小さなスペースでも効果的にアピールすることができます。