包茎の種類と手術の関係性

包茎の種類は複数あり、その程度は人それぞれ異なります。仮性包茎は皮が半分かぶっている状態で、真性包茎はすべて被っている状態の包茎です。また、カントン包茎という種類もあり、これは先端が窮屈で勃起時も亀頭が露出しない包茎になります。人によっては、それをコンプレックスに感じる場合も多いですよね。また、カントン包茎は、亀頭を洗うのも困難なので、衛生的に手術が必要な場合が多くなります。感染症を予防するためにも、できる限り手術することをオススメします。

病院選びのポイントその1

包茎手術をしてくれる病院は2種類あります。1つ目は保険適用手術も受けられる一般外科です。そして2つ目は、保険適用外の手術も可能な美容外科になります。どちらで手術するのかは、それぞれの状態や手術後の見栄えによって決めましょう。ここで重要になるのは、どの病院を選ぶのかというポイントです。一般外科の場合はどこでも構いませんが、美容外科の場合は慎重に選ぶ必要がありますよ。まずは医師のプロフィールや病院の実績です。美容外科の場合は、見た目の自然さや美しさが決め手になるので、スキルの高い医師に依頼する方が効果的といえます。

病院選びのポイントその2

そして、アフターケアも重要なポイントです。術後の経過をしっかりと見守り、もしも見た目の美しさが得られない場合に再手術してくれるクリニックが理想的です。口コミ情報も参考になるので、チェックしてみてください。このようなクリニックを探すことで、包茎手術の失敗リスクを少しでも減らすことができますよ。以上のように、包茎で悩んでいる方や、感染リスクを少しでも減らしたい方は包茎手術をうけてみましょう。

勃起時ではなく、通常の状態で亀頭が陰茎部を包む皮膚に覆われているような状態になっていることを包茎と呼びます。