お墓の管理ができなくなったら

現代の世の中で、先祖代々の土地やお墓を守って次の世代に継いでいく、というやり方を継承していくのは難しくなっています。少子高齢化でお墓を継ぐ人がいなかったり、先祖の土地を離れて生活する人が多くなっている中、お墓の維持、管理を続けていくことができなくなっているのです。このため、先祖代々のお墓を今、自分が住んでいるところの近くへ移転させる、お寺で永代供養してもらうなどの方法で移転させることを墓じまいといいます。

墓じまいどのようにしたらいいのか

お墓を移転させるには古いお墓と新しい移転先の双方での手続きが必要になります。移転先が決まったら、古いお墓のあるお寺や霊園に連絡し、また、地元の自治体にも届け出をします。墓地や埋葬に関することは法律で決められており、勝手に移転することは禁じられています。手続きが終わったら、骨壷を取り出し、お墓に埋葬されている先祖の霊をお墓から抜き取り、お墓を閉じる儀式をします。魂抜き、閉眼供養と呼ばれるこの儀式は僧侶のおこなうものです。魂を抜いてはじめて古いお墓を解体、撤去することができます。古いお墓は更地にして返します。取り出した骨壷は新しい移転先に納めます。

代行業者に頼んだ方が楽?

お墓の移転は新旧双方の墓所での手続きが多く、煩雑です。お墓が遠方にある場合など、何度も行き来をすることになり、大変です。これらの手続きを代行してくれる業者もありますので、相談してみるのもいいですね。お墓の継承は年々難しくなっており、10年後には半数以上のお墓の継承者がなく、無縁仏になるとも言われています。できるうちにきちんとした形で先祖供養ができるようにしておきたいですね。

墓じまいの費用には、墓地を更地にするための解体費用や撤去費用があります。これはお墓の大きさや作業の難易度によって金額が変わります。また、魂抜きの儀式に対するお布施、改葬先への納骨費用などがあります。