ちつトレ?治療?膣のゆるみを改善する方法

これって膣のゆるみが原因?セルフチェック

病気ではないけれども、膣のゆるみは女性として気になるものです。

加齢や出産、肥満や長時間同じ姿勢のデスクワークなどで、骨盤底筋群と呼ばれる骨盤周辺にある筋肉群が弱くなった結果、膣はゆるくなっていきます。

少しいきんだ時に尿漏れしてしまったり、お風呂上りに膣内に入ったお湯がどぱっと出てくる、セックスの際に膣を絞められない…など、普段の生活でこれらのサインがあれば、膣がゆるんでいる証拠かもしれません。

ゆるんだ膣にサヨナラ!ちつトレで締まりを改善!

膣の締まりがよくなると、どんなメリットがあるのか?尿漏れや頻尿の改善、ぽっこりお腹が引っ込む、小尻になる、セックスの感度がアップする…など、ざっと挙げただけで、まさに良いことづくめと言えます。

ここでは膣の締まりをよくするトレーニング、「ちつトレ」をご紹介します。

1.足を肩幅に開いて立つ。

2.ゆっくりと息を吸いながら内腿と肛門の筋肉に力を入れ、そのまま5秒キープ。おしっこを我慢するようなイメージで。

3.ゆっくり息を吐きながら全身の力を抜く。

4.これを5回繰り返す。

ちつトレは、日常生活の中に簡単に取り入れられる動きです。また、骨盤底筋群は筋肉なので、やればやるほど効果が期待できます。ぜひ、ちつトレを毎日の習慣として取り入れてみましょう。

トレーニングが向かない人へ!医療機関での治療も

トレーニングが続かない、今すぐ効果がほしい、という方には、膣縮小治療を行っている医療機関もあります。得たい効果や施術費用、メリット・デメリットなどを比較して、専門医のもとで安心して治療するのも、膣のゆるみを改善する手段として有効です。

膣圧がゆるむということは女性が生きていく上で自然の流れです。出産の際のダメージや加齢による筋肉の衰えが主な原因です。これは骨盤周りの筋肉を鍛えることにより回復できます。