BCP対策とは何でしょうか

大震災や集中豪雨などの自然災害が頻発する今日「BCP対策(事業継続計画)」は今まで以上に必要性を増しています。大規模な災害が起こった場合に、情報システムが遮断され通信が出来ないような状態が起こったり、電気・水道などのライフラインが遮断されてしまうと事業の継続は困難になります。その中でも特に注目されているのが、災害時の燃料確保についてです。

行政任せではダメ。自分の燃料は自分で確保!

国や自治体の指針によって、BCP対策の中で、燃料確保については既に策定されています。しかし、企業単位や家庭ではまだまだ危機意識が薄いと言えます。国や自治体など行政が守ってくれると高をくくっていると、いざという時に燃料資源が行き渡らず困ったことになります。近年の大震災時に、ガソリンスタンドに燃料を求めて長蛇の列が出来たのは記憶に新しいですね。企業としては、車両やボイラーなどの燃料が切れてしまえば、営業活動が出来なくなり単なる売上減だけでなく、顧客離れにもつながります。そこで、災害時に燃料を供給する民間事業者が登場してきました。BCP対策として、民間事業者とあらかじめ契約をしておき、有事にも必要な燃料を確保するという事が出来るようになりました。事業所内や家庭で所有しているタンクの容量というのはあまり大きくはありません。しかし、民間事業者に災害時に必要と思われる量の燃料を貯蔵してもらえれば、損害を最低限にとどめることが出来ます。費用はかかりますが、日頃から自分に必要な燃料は自分で確保しておくことが重要です。

BCP対策とは、事業継続計画対策のことで、災害や事故などのリスクに対して重要業務が中断しないこと、また中断した場合でも速やかに回復できるように、あらかじめ準備しておくことです。