EMC試験はどうして大事なのか?

電子機器に備わったシステムがいかなる環境でも満足に機能するかどうかを確認するためにEMC試験を行います。

EMC試験が必要な理由

まずラジオ放送を聞いている間、パソコンを近づけたるすると雑音が入ってきて放送が聞こえなくなるという現象が起こります。これはパソコンが発信してきる妨害電波が空間を通じてラジオに影響しているからです。これらの現象は我々が気がついていないところでは日常的に存在しています。ラジオの雑音やテレビのノイズ程度では我々の生活を直接的に脅かすほどの影響はありませんが、これが医療機器などの人命に関わるものであると大きな問題に発展します。そのために病院内では特別な医療機器を使う場合、地下室に診察室を設けて、周囲の妨害電波を完全に遮断します。誰かが使ったスマートフォンが妨害電波を発信してる場合もあるので、病院は携帯電話の使用を制限してしるのです。家電量販店に並ぶ様々な電気製品も同様で、消費者がお金を払って購入するため正常に動作するための責任が製造した側に課せらます。最終的なチェックでEMC試験が行われて人の手に届いているのです。現在では世界的にEMCの規格や規制が制定され、対象の製品には決められた基準をクリアすることが求められます。大手の電気メーカーなどではEMC試験を行うための特別な試験室が敷地内に設けられています。今後も電子機器は増加し、多様化していくことが予想され、重要な技術基準になっていくでしょう。EMC試験に関わる仕事も需要が増えていくと考えられます。

EMC試験とは、電磁両立性試験のことで、対象となる電気機器が機器内部の妨害電磁波、および外部からの妨害電磁波に対して、機能や動作が問題ないかどうかを測定する耐性試験のことです。