スマートフォンなどの無線機器と関係している

リバブレーションチャンバー、何だか舌を噛みそうな言葉ですよね。普段の生活で聞くことがないので意味が判らない人が殆どではないでしょうか。でも皆さんが普通に使われているスマートフォンに密接に関係しているんです。スマートフォンは無線を使用して通信しています。屋内はもちろんのこと、屋外でも使えますし、地下でも使えて場所を選びません。不思議じゃありませんか、何処でもつかえるなんて。基地局とスマートフォンの間には沢山の障害物があります、場所によって使えたり使えなかったりなんて困りますよね。そんな環境に作用されずにちゃんと使えることを確認するための装置がリバブレーションチャンバーなのです。分かり易いようにスマートフォンと言いましたが実際は他の無線機器を試験するためにも使われています。

電波の伝わり方を試験することができる

スマートフォンの電波は色々なもので反射して基地局から届きます。アンテナが電波を受け取って通信しているのですが、電波がどんな反射をしても正しく通信できることを確認しないと突然使えなくなったりして困ってしまいます。実際に屋外に出て問題ないか試験する事なんてできませんから、そんな環境を再現する装置が必要になります。それがリバブレーションチャンバーなんです。この装置のお陰でスマートフォンが何処でも快適に使えるようになっています。何気なく使っているものでも、安全に快適に使えるように様々な試験がされていること覚えておくといいですね。

リバブレーションチャンバーは電磁界を発生させ、その様な環境下で動作の確認や研究により、音の影響の有無を測定するために開発された機器です。