酸洗い技術の紹介について

酸洗いとは、金属を酸性の液体に浸すことで、酸性が金属を溶かすという性質を応用して表面を仕上げる工法です。例えば、バリを溶かすことで角をきれいに仕上げたり、表面に防錆効果をもたらせたり、ミクロン単位で溶かすことで寸法の微調整をすることを目的としています。精密部品に採用することで、腐食を抑えたり駆動部分に異物の侵入を防ぐ効果をもたらせます。液体につけるだけなので一度に大量の製品を処理することができますし、ランニングコストもかかりません。

酸洗いの確立の方法について

酸洗いは前工程の管理や処理時間や酸性液体の選定が重要です。例えば、金属を溶かすといっても大きなバリは溶かすことができませんし、大きすぎても処理時間が長くなってしまいます。そこで、前工程のバリの大きさをなるべく微細化したうえで、酸性液体と処理時間を試行錯誤して最適化する必要があります。酸性が強いと効果がありますが、薬品の費用があがることと取り扱いの管理方法が厳しくなります。また、金属の種類に応じて最適な酸性液体があります。

酸洗いの注意点について

酸性液体は人体と環境に影響があります。臭気がありますので排気設備を設けたり、手につくと皮膚を溶かしてやけどの症状があります。管理面では、量をきっちりと管理して防犯に努めなければなりません。環境では、処分方法です。排水に流すことはできませんので専用の業者に委託して正しいルートで処分しなければなりません。これらを手順化して徹底することが重要になります。

酸洗い」とは、金属加工の工程で生じたスケール・酸化被膜・さびなどを硫酸や塩酸などを使って取り除く方法です。メッキの前処理でこの処理が必須となります。